No タイトル 著者/訳者 出版社 初版
01 一外交官の見た明治維新(上)(下) アーネスト・サトウ/坂田精一 岩波文庫 1960/9/25
02 日本旅行日記(1)(2) アーネスト・サトウ/庄田元男 東洋文庫 1992/1/10
03 アーネスト・サトウ伝 B.M.アレン/庄田元男 東洋文庫 1999/2/10
04 図説アーネスト・サトウ(幕末維新のイギリス外交官) 横浜開港史料館編 有隣堂 2001/12/13
アーネスト・サトウ
Ernest Satow
イギリスの外交官アーネスト・サトウは、横浜開港から3年後の1862年9月、19歳の若さで初めて日本の土をふんだ。
到着6日後の生麦事件、その後の薩英戦争、下関戦争、兵庫開港、戊辰戦争など、幕末の動乱をつぶさに体験した。
1869年2月に賜暇帰国するまでの6年半の間、急速に身につけた日本語を武器に、幕府側ばかりでなく薩長の倒幕派とも接触をはかり、また情報収集のため、長崎、大坂、京都、箱館などを訪れ、明治政府が樹立されるまでの近代日本の変革を目の当たりにした。
その後、日本に帰任したサトウは言語、宗教、考古学などの論文や旅行案内を執筆し、日本研究の第一人者となった。
また、私生活では日本女性を妻に迎え、日本の家族との絆は、外交官生活を終え、86歳で故国で亡くなるまで続いた。

(引用:図説アーネスト・サトウ幕末維新のイギリス外交官横浜開港資料館編有隣堂)
 
ホーム
ブックコレクションへ