見れば見るほどいい男、人形のようだと新造年増の評判が、そのまま仇名となった御用聞の佐七が、子分のおしゃべり辰五郎と上方もののうらなり豆六ともどもに、新春をことほぐ総登城に賑わう千代田城濠端の絵凧の事件にはじまって、筑波おろしに幟はためく広小路界隈に噂も高い、風呂屋の三助が所持する名刀妙法丸にからまる怪事件解決までの、胸のすくような働き十篇を集めてここに『人形佐七捕物帳』。
(カバーより引用)

02 人形佐七捕物帳
(装幀・中島靖侃)
【収録作品】

恩愛の凧
まぼろし役者
雛の呪
狸御殿
鶴の千番
鳥追人形
本所七不思議
風流六歌仙
雪達磨の怪
妙法丸





(一覧へ)