「探偵趣味」は、大正14(1925)年4月に誕生した<探偵趣味の会>の機関誌として1925/9/25に創刊された。
1926年1月(第四輯)から春陽堂が発売元となった。
1928年9月号で廃刊(全34冊発行)。



01 探偵趣味第三巻第十号1927年10月
(一覧へ)
【収録作品】

新人創作号
 癈園挿話 by 秋本晃之介
 或る検事の遺書 by 織田清七
 千三ツ by 柴田良保
 手記「水宮譚平狂気」−ナポリタンの死と肖像画− by 小阪正敏
 臨終妄想録 by 英住江
 艶書事件 by 松岡権平
 断崖 by 龍悠吉
長篇創作「市街自動車」(完結) by 大下宇陀児
翻訳長篇「すべてを知れる」(第八回) by エドガア・ウオレス(延原謙訳)
投稿創作感想 by 水谷準
九月創作総評 by 小舟勝二
次号よりの長篇予告「作者の言葉」 by 横溝正史 → 「女怪」
六号並木路「XYZ事件」
 XYZ事件作者推定 by 伊波那三
 無題 by 魅川生
 無題 by 逸名氏
 正解 by 波多野健保
あ・ら・もうど
ビーストンの研究(完結) by 小舟勝二
想華
 探偵小説の不振 by 甲賀三郎
 馬琴のコント by 小酒井不木
 僞爲痴老漫筆(其六) by 高田義一郎
消息「延原謙」「横溝正史」「森下雨村」「角田喜久雄」「浅野玄府」
創作探偵小説選集一九二六年版(広告)
 
飾窓の中の恋人 by 横溝正史
編輯後記 by 甲賀三郎・水谷準