別冊いんなあとりっぷ1976年4月号。
新青年に掲載された怪奇・幻想小説の完全復刻版。

(注)阿部鞠哉は横溝正史のペンネーム。
01 怪奇・幻想小説の世界(別冊いんなあとりっぷ4)
(表紙・亀海昌次)
【収録作品】

舌 by 阿部鞠哉
悪夢 by 江戸川乱歩
恋人を食ふ by 妹尾アキ夫
ロボットとベッドの重量 by 直木三十五
びっくりしたお父さん by 稲垣足穂
鬼啾(きしゅう) by 角田喜久雄
間接殺人 by 城昌幸
水棲人(すいせいじん) by 小栗虫太郎
地獄横町 by 渡邊啓助
片腕 by 横溝正史
夜半(よは)の声 by 黒沼健
柘榴病 by 瀬下耽
胡桃園の青白き番人 by 水谷準
死体蝋燭 by 小酒井不木
幽霊と推進機(スクリュウ) by 夢野久作
幻の森 by 甲賀三郎
蛞蝓奇譚 by 大下宇陀児
逗子物語 by 橘外男
納凉持寄り綺談会 by 濱本浩・徳川夢声・鴨下晁湖・石黒敬七・宮田重雄・高田保・片桐千春(司会者)

<特別対談>怪奇・幻想小説の系譜を探る by 横溝正史VS中島河太郎

(一覧へ)