「譚海」は、博文館から「少年少女譚海」として1920年1月に発行された児童文学雑誌。
1940年1月号(第二十一巻第一号)から「科学と国防 譚海」と誌名が変更された。
1944年3月(第二十五巻第三号)で廃刊。

【収録作品】

扉「貯蓄に動員」 by 渡邊菊二(カツト)
折込附録「海戰想像圖」 by 飯塚羚兒(畫)
二色口繪「防空部隊の活躍」 by 三宅修(編)
北支從軍手帖より「若き祖國の詩し」 by 本社特派員從軍作家・美川きよ
南方だより「昭南市電報告記」 by 陸軍報道班員・北町一郎
現地報告「日本一の貯金村」 by 八木澤健
問答「秘密戰を語る−防諜とは何か−」 by 憲兵指令部部員・陸軍憲兵大尉・安野兵造
關門隧道トンネルの話「世界最初の海底トンネル」 by 特派記者・古我清介
青年工作教室「灰落(はいおとし)の作り方」 by 高田二郎
漫畫「貯蓄から勝利の力もり上る」 by 三光漫畫團合作
街の科學「夏の人氣者『氷・氷・氷』」 by 大江三平
良書だより
科學面白圖書館
寸鐡科學「御存知ですか
科畫掌篇
愛讀者慰問大懸賞當選者芳名
科學特輯「南洋の訊きたい話(はなし)集」
 お伽噺の寶島「珊瑚礁の海」 by 水産講習所教授・新野弘
 空の天邪鬼「驟雨(スコール)と颱風」 by 有終會會員海軍大佐・小西千比古
 さまざまな形式「熱帶圏の家」 by 商工省マニラ駐在員・渡邊薫
 日本熱に燃える「南方の言葉」 by 法學博士・下村海南
青春感激「日本の職工」 by 鹿島孝二・中一彌(畫)
感激美談「まごころ大名」 by 目K麥男・中一彌(畫)
現代小説「七十七年目の凱旋」 by 氏原大作・冨永謙太郎(畫)
時代小説「勝敗武士道」 by 城昌幸・木俣清史(畫)
讀者慰問大懸賞新題發表
講談雑誌八月號(広告)
新青年八月號(広告)
世界傳奇小説 by 博文館
 風雲ゼンダ城 by アントニー・ホープ(横溝正史譯)
 紅はこべ by オルツイー夫人(横溝正史譯)



譚海1942年8月号第23巻第8号
(表紙・「少年潜水夫」 by 原田香苗(撮影))
(一覧へ)