「新青年」は、博文館から1920年1月に創刊された。
1950年7月号が最終号。
増刊号を含めて400冊を発行。
博文館は1948年に財閥解体の圧力などで解散、新青年は博文館→江古田書房→文友館→博友社に変わった。


 
(一覧へ)
【収録作品】

二百枚讀切長篇「赤い道化師」 by ジヨンストン・マツカレイ・妹尾アキ夫(譯)・松野一夫(畫)
探偵小説時代 by P.G.ウツドハウス・上野三郎(譯)・生澤朗(畫)
見えざる刺客 by ヴアレンタイン・ウイリアムズ・瀧一郎(譯)・川瀬成一郎(畫)
聖母の眞珠 by マヂヨリー・バウエン・上野三郎(譯)・茂田井武(畫)
スペードの1 by ピーター・フレーミング(作)・志摩達夫(譯)・内藤賛(畫)
寢棺(ねがん)の秘密 by L.T.ジユルダン・瀧一郎(譯)・霜野二一彦(畫)
博士と狂人 by リチヤード・コンネル・西田政治(譯)・清水崑(畫)
島流しの一年 by チヤールズ・G.D.ロバーツ・乾信一郎(譯)・霜野二一彦(畫)
紺碧海岸(コート・ダジュール)の一夜 by ロジエ・レジス・來栖一男(譯)・山名文夫(畫)
死の豫言 by A.ピアス・妹尾アキ夫(譯)・初山滋(畫)
證人 by V.F.ウヰツテ・須地文三(譯)・内藤賛(畫)
深夜の晩餐 by ウイリアム・J.メーキン・瀧一郎(譯)・三芳悌吉(畫)
ブルウカー行進曲 by メルヴイル・ダヴイツソン・ポースト・西田政治(譯)・霜野二一彦(畫)
青空劇場 by マイルス・マンダー・吉村一郎(譯)・横井福次郎(畫)
誘拐事件の顛末 by マイケル・アーレン・相模次郎(譯)・高井貞二(畫)
くすぐりコント
 踏んだり蹴つたり by A.W.バード(宮園義郎譯)
 音樂愛好者 by キルパトリツク(宮園義郎譯)
 恐るべき子供 by ダツドレー・クラーク(宮園義郎譯)
 不思議な計算 by ジヨルジユ・ロル(玉川一郎譯)
 宣傳術 by R.L.ヘイズ(宮園義郎譯)
 眞實を書く by アンリイ・デユヴエルノア(玉川一郎譯)
 イビキをかく by レオン・ルノオ(玉川一郎譯)
 そんならさうと by ミス・ヘザリントン(宮園義郎譯)
 閉め出し by マリアン・デイートリツヒ(青江耿介譯)
 デイートリツヒを求めて by ルネ・セン(玉川一郎譯)
外國傑作漫畫
探偵作家四方山座談會 by 大下宇陀兒・渡邊啓助・海野十三・延原謙・久生十蘭・城昌幸・荒木十三郎・松野一夫・水谷準(記者)・松野一夫(カツト・挿繪)
南米のアルセーヌ・ルパン「鍵束(かぎたば)の男」 by 柏峯太郎
生きてゐるシヤーロツク・ホームズ by ウルフガング・ハインリヒ(南澤十七譯)
水曜日まで by ジヨン・エウイング・西田政治(譯)・内藤賛(畫)
珍婚旅行 by フアーベル・グリム・志摩達夫(譯)・横井福次郎(畫)
護身術 by ロバート・ケート・林英一(譯)・矢崎茂四(畫)
胸の彈丸 by マース・マツケナ・原圭二(譯)・小川眞吉(畫)
最後の三秒間 by C.S.フオリスター・阿井上男(譯)・生澤朗(畫)
鈴をつけた鷹 by アーヴイン・コツプ・井上夏夫(譯)・坪内節太郎(畫)
密室の行者 by F.ロナルド・ノツクス・原圭二(譯)・川瀬成一郎(畫)
多くの顔をもつ男 by M.レイ・フエルプス・青江耿介(譯)・霜野二一彦(畫)
記憶の中の顔 by エリス・セント・ジヨーゼフ(訳者無署名)
最後に笑ふもの by A.J.クローニン・瀧一郎(譯)・横井福次郎(畫)
奇蹟の解剖「瓜と茄子」「食物進化論」「超人の世界」「焦土戰術」「治療と光線」「内臓の部分品」「女は六十から」
巨匠未紹介傑作集
 二廢人 by アーサー・モリソン・延原謙(譯)・高井貞二(畫)
 赤勝て青勝て by G.K.チエスタトン・淺野玄府(譯)・松野一夫(畫)
 赤い十字架 by レオン・サヂイ井上英三譯・三芳悌吉(畫)
 霧雨の夜の唄 by L.J.ビーストン・西田政治(譯)・清水崑(畫)
 捕物座談會 by チヤールズ・デイケンズ・田中早苗(譯)・坪内節太郎(畫)
 作つた艶書(えんしょ) by モーリス・ルブラン・井上英三(譯)・高井貞二(畫)
 無銘の墓 by ウイルキ・コリンズ・宮園義郎(譯)・茂田井武(畫)
長篇探偵劇「蜜月殺人事件」 by ドロシイ・L.セイヤーズ&M.クレア・バーン(共作)・黒沼健(譯)
笑話
 「おのれやれ」「欲張る勿れ(なかれ)」「自畫自賛」「度し難し(どしがたし)」「犬に放送」「接吻行脚(せっぷんあんぎゃ)」「掏摸(すり)學校」
 「機械人間(ロボット)」「眞理」「破邪の劍」「減俸(げんぽう)なしの首斬役(くびきりやく)」「文身(いれずみ)の流行」「當らずと雖も(あたらずといえども)」
 「亂を忘れず」「殷鑑遠からず」「水車上る(みずぐるまあがる)間もなし」「サイレント版」「骨折損」「いづれをあやめ」「十人十色」
編輯だより by J・M


新青年1939年5月号第20巻第7号
(表紙・松野一夫)