「新青年」は、博文館から1920年1月に創刊された。
1950年7月号が最終号。
増刊号を含めて400冊を発行。
博文館は1948年に財閥解体の圧力などで解散、新青年は博文館→江古田書房→文友館→博友社に変わった。


新青年1937年11月特別増大号第18巻第15号
(表紙・松野一夫)
(一覧へ)
【収録作品】

はてなグラフ by 吉田裕彦(カメラ)
 「水中美人の國」「珠を懷いて罪あり」「張子のわんわん何に乘る」「北支戰線空中撮影
 「薄陽(うすび)・沼・葦のある風景」「河馬の口の中で化粧する少女」「綿の實・それとも菊の新種」
 「け・け・けしからん」「花かんざし」
マンガ艦隊
特輯「事変につゞくもの」
 赤軍の觸手 by 三島康夫
 蒋介石倒れなば by 田中香苗
 日本をめぐる獨立國夢物語 by 村田孜郎
 列國はどう動く by 稻原勝治
 若い者に聞かせる話
  日露戰爭前後 by 海軍大將・竹下勇
  對露外交の追憶 by 元大使・栗野愼一郎
  小娘の意氣 by 林きむ子
  心の構へ(かまえ) by 増上寺貫主・大島徹水
  支那の行く道 by 陸軍中將・坂西利八郎
聖(サント)コルソ島復讎奇譚 by 橘外男・松野一夫(畫)
倅太平記(第六話)「よつぱらひの敵」 by 乾信一郎・横井福次郎(畫)
科学小説「軍用鮫(さめ)」 by 丘丘十郎・霜野二一彦(畫)
猿智慧 by 城昌幸・清水崑(畫)
魔都(第二回) by 久生十蘭・吉田貫三郎(畫)
國際間諜秘譚「ルーレットの女」 by ハーバート・オー・ヤードリ・訳者無署名・松野一夫(畫)
銃後風景立聽実況放送 by アナウンサー・片桐千春
戰禍の復讐 by アラン・シーガー(訳者無署名)
堀割(ほりわり)殺人事件 by N.ブリコ
當選實話
 男偏に女と云ふ字 by 加奈竹景二
 エンコの令嬢 by 佐富麻沙於
 花嫁になつた男 by 清田政人
 一萬石行状記 by 埴輪史郎
近頃新聞の觀方 by 大宅壯一
滿ソ國境前線往來 by 社會大衆黨代議士・田原春次
阿呆宮一千一夜譚(ものがたり) by 乾信一郎
好運か逆転か by ガラ・アパラシヤ
ぺーぱーないふ by 青面獸
すりい・もんきい
閑人天國
ペダン大學
三階席
ヴオガン・ヴオーグ by ミス・ハラ
スポーツマンクラブ
オリンピツク
ニユース・レヴユー
阿呆宮
躍るブルユツヘル by 平竹傳三
快人細谷十太夫傳(壱) by 細谷辰雄細谷十太夫の直孫
戰爭大損大儲展望 by 石田三郎
放送ほんまかいな by 春山邦男
ひとり思ふこと by 轟夕起子
シツク・シネ・シツク
 戰爭映畫の回顧 by 南部圭之助
 聖林噂話 by W.W.ロイド
 新映畫見參 by 清水千代太
バンザイ・ニツポン by 米國陸上競技チーム主將・ウイリアム・セフトン
來朝する獨逸(ドイツ)庭球チーム by 井上昶
オリンピツクの危機 by 鈴木節
名コンビ合作小説競演会 by 進さ座談會コ川夢聲・辰野九紫・石黒敬七
 パーマネント・ウエーブ by 春風亭柳橋・昔々亭桃太郎・柳家金語楼
 僕は誰だ by 横山エンタツ・花菱アチヤコ
 八太郎さんの話「トーチカ心臟」 by 徳山l(前篇)・古川鵠g(後篇)
 空中に何か漂つてるよ by 岸井明・藤原釜足・神田千鶴子
 コンクール總評と審査員即席四題噺
從軍記者第二回報告會
  by 岩崎榮(満洲・上海事變・東和特派員)・唐澤貫一(満洲事變・東日特派員)・村田孜郎(満洲事變・讀賣特派員)・
   球磨川良太郎(支那事變・讀賣特派員)・松井政平(支那事變・讀賣特派員)・楠瀬正澄(満洲事變・報知特派員)・
   入澤文明(上海事變・東朝特派員)
思はぬ儲け思はぬ損をした話
 冥途からの友情 by 城戸禮
 競上げた洋琴(せりあげたピアノ) by 小川雪子
 足を掴へた話 by 赤山加壽生
 海路(かいろ)の日和(ひより) by 座間明庸
 都落ち綺談(きだん) by 河野信夫
爆笑慰問袋
 コント「出陣の歌」 by 辰野九紫
 從軍綺談「僕の陣中日記」 by 石黒敬七
 漫才コント「物の経濟」 by 阿木翁助
 珍作落語「長屋の座談會」 by 窪苔三
 映畫ストオリイ「海のつはもの」 by 筈見恒夫
 ハマの友情 by 江川宇禮雄
 漫画「孤立亂戰記」 by 新漫畫派集團合作
  紙片外交の巻 by 中村篤九(画)
  スパイの巻 by 石川義夫(画)
  海軍の巻 by 横井福次郎(画)
  陸軍の巻 by 村山しげる(画)
  統制の巻 by 近藤日出造(画)
  輸入飛行機の巻 by 小關まさき(画)
  科学戰 by 横山隆一(画)
  安トーチカ by 石川進介(画)
  宣傳の巻 by 杉浦幸雄(画)
  亡名の巻 by 清水崑(画)
 提灯屋さん by 大辻司郎
 慰問袋から出た手紙 by 飯田蝶子
 慰問袋に添へて by 霧島昇
 或の日の日記 by 吹雪美奈子
 北支戰線で拾つた話 by 西村樂天
 鐡甲(てつかぶと)と野菊など by 三浦光子
 軍事郵便 by 編輯・渡邊はま子
 談笑する日支兵(にっしへい) by 河津清三郎
 見送りの午後 by 椿澄枝(並に畫)
 酒の香を吹送る by 杉狂兒
 たのもしいお便り by 能勢妙子
新青年秋季増刊「海外探偵小説集」(予告)
講談雑誌十一月増大號(広告)
譚海十一月號(広告)
編輯だより by J・M & J・N



ページの先頭へ
ページの先頭へ
ページの先頭へ