「新青年」は、博文館から1920年1月に創刊された。
1950年7月号が最終号。
増刊号を含めて400冊を発行。
博文館は1948年に財閥解体の圧力などで解散、新青年は博文館→江古田書房→文友館→博友社に変わった。


新青年1929年7月第10巻第8号
(表紙・「彼女」 by 松野一夫)
(一覧へ)
【収録作品】

欧米傑作漫画集
怪異譚集
 『鉄砲佐平次』序(ついで)にも一つ by 佐藤春夫
 左り横隊(おうたい) by 長谷川伸
 『窓掛(まどかけ)の紐』他一篇 by 佐伯孝夫
 出発前(ぜん)の出来事 by 室生犀星
 ウクライナの妖魔(ようま)−ゴーゴリ風な話− by 岩埜一
黄昏(たそがれ)の告白 by 濱尾四郎
リウ・キノウの不思議な夢 by 大下宇陀児
氷上の殺人 by 伊藤松雄
偽(いつわり)の記憶 by 葛山二郎
鐡鎚(てっつい)行進曲 by 夢野久作
セーラパンツの粋なこと(フランス流行歌)
阿呆宮(全世界珍奇噴飯の頁)
「世界探偵小説全集」について by 森下雨村
ばにてぃ・ふえいあ(青年紳士淑女読本)
 ヴアニテイ・フエアの語源に就いて
 街路★遊歩學
 ベエン・ア・ラ・モウド−お嬢様方の頁
阿呆宮一千一夜譚(ものがたり) by 上塚貞雄
モダン大学
 新しき舞踊傾向 by 永田龍雄
 絞首臺製造綺談 by 水町青樹
 高級ポン引業(ひきぎょう) by 河野仁美
 レヴユウ小題 by 岩田豊雄
 ドオヴヰルの夏−巴里人士(パリーじんし)の避暑地生活− by 荒野ジョルジエット
スポオツ新青年
 スカール by 有吉仁
 プールから上つて(あがって) by 勝田忠彌
 山の話 by 河津静重
 何故慶應が勝つたか by 中央新聞運動記者・玉川悳
恋愛術
 恋愛の公式 by 岡田三郎
 近代恋愛表情術(終講) by 畑耕一
 恋愛散歩案内書 by J.フヌヰエ
恋愛学(第七講)「恋愛創作論」 by 正木不如丘
ぴくるす
 一発(いっぱつ)のもとに
 デユーマの女房
 はづみすぎて
 まさしく怪奇
 ある運動 by 村津生
 神にちかつて
グリイン家の惨劇 by S.S.ヴアン・ダイン(平林初之輔訳)
徹底的原始生活 by S.リイコツク(訳者無署名) → 目次のタイトル「徹底的個人生活」
鱶(ふか) by アウエルチエンコ(訳者無署名)
危険信号 by カミ(訳者無署名)
吾輩の自殺 by フイシエ兄弟(訳者無署名)
珍妙漂流記 by カミ(訳者無署名)
贈物難(おくりものなん) by S.リイコツク(訳者無署名)
食卓(テーブル)の十三人 by ダンセニ(訳者無署名)
蝙蝠(こうもり)鐘楼(しょうろう) by オーガスト・ダーレス(妹尾アキ夫訳)
眠られぬ夜(よ) by マアク・トウエイン(訳者無署名)
特殊犯罪研究
 奇抜な犯罪 by 浅田一
 ある山窩(さんか)事件 by 石丸鎭雄
 変り種(かわりだね)の犯罪 by 高田義一郎
 死体検案簿から by 佐野甚七
新青年八月号予告
講談雑誌七月号(広告)
世界探偵小説全集配本開始 by 新青年編輯部編纂(全24巻)(広告)
 
第6巻 ヒウム集 by ファーガス・ヒューム(横溝正史訳) → 「第6巻 ヒユーム集」(配本時のタイトル)
戸崎町だより by 延原謙
 

ページの先頭へ
ページの先頭へ