「新青年」は、博文館から1920年1月に創刊された。
1950年7月号が最終号。
増刊号を含めて400冊を発行。
博文館は1948年に財閥解体の圧力などで解散、新青年は博文館→江古田書房→文友館→博友社に変わった。


【収録作品】

四色版「十一の瓶」 by 樺島勝一(作)
口繪
 最近のコーナン・ドイル氏 by 寫眞
 十一の瓶 by 樺島勝一(画)
 死の手紙 by 樺島勝一(画)
 盗まれた手紙 by ポオ全集より
盗まれた手紙 by エドガア・アラン・ポオ(酒井一郎譯)
サムの魚釣 by ジ・マツカレー(坂本義雄譯)
謎の犯人 by オースチン・フリーマン(妹尾韶夫譯)
第三の男 by ハロルド・ワード(西田政治譯)
寶石培養家 by アルバート・ターフューン(淺野玄府譯)
死の鈕(ボタン) by ウヰリアム・レイン(松本泰譯)
トンミー君の夜盗(よとう) by ザストン・バートウィスル(鹽田喜八譯)
死者の手紙 by エル・ジ・ビーストン(吉田甲子太郎譯)
眞紅の封蝋(ふうろう) by モウリス・ルブラン(保篠龍緒譯)
辻強盗 by ゴルドン・ガーウィツト(星島武夫譯)
愚かな女書記 by マツクネヤー・ケーラー(木村幹譯)
二人であつた男 by アーノルド・ポート(西田政治譯)
女探偵ドルカス・ディーン by ジヨージ・シムス(保高徳蔵譯)
飛行自動車(モホーク) by ウイリアム・ルキュー(水野仁一譯)
六本の指 by ハンシヨウ(吉田甲子太郎譯)
ソア橋(ブリッジ)事件 by コーナン・ドイル(訳者無署名)
 → 2ページ欠け
疑心暗鬼 by バートン・ロフタス(西田政治譯)
二つの部屋 by ロバート・ウィントン(横溝正史譯)
長篇探偵小説「十一の瓶」 by アーサー・モリソン(延原謙譯)
巻頭言「探偵小説傑作集」 by 雨村生
探偵小説と警察 by グリフィス氏より
鐡假面の人
獄中の詩人
維納ウィーンの犯罪博物館
ノクターン
特別附録
 血液の秘密 by 醫學博士・小酒井不木
 人間は何故犯罪に興味を有つ(もつ)か by アンナ・カスリーン・グリーン女史(訳者無署名)
ルブランの一考察 by 文部省社會教育調査委員・星野辰男
探偵小説に現れたる特殊の犯罪 by 慶應大學教授・馬場胡蝶
暗號記法について by アラン・ポオ(小酒井不木譯)
 附記 by 小酒井不木
バルザックとディケンス by 井上十吉(妹尾韶夫譯)
興味ある懸賞!!
小説講談ポケット八月號(広告)
講談雑誌八月號(広告)
編輯を終へて


新青年1922年8月号第3巻第10号
(表紙・ by 細木原青起)
(一覧へ)