新青年1922年2月増刊号第3巻第3号
(表紙・)
(一覧へ)
「新青年」は、博文館から1920年1月に創刊された。
1950年7月号が最終号。
増刊号を含めて400冊を発行。
博文館は1948年に財閥解体の圧力などで解散、新青年は博文館→江古田書房→文友館→博友社に変わった。


【収録作品】

口繪
 三色版「血ぬられた爆彈」 by 川端清(畫)
 ベエカア街
 消える男 by 樺島勝一(畫)
 青い古代金貨 by 樺島勝一(畫)
 樽を洩れる悲鳴 by 松野一夫(畫)
消える男 by ハンシヨー(淺野玄府譯)
シヤロンの燈火 by エル・ゼー・ビーストン(西田政治譯)
好敵手 by ブレーク探偵物語(淺野玄府譯)
智慧の戰(たたかい) by オルツイ夫人(福永挽歌譯)
旅行用金庫 by モーリス・ルブラン(保篠龍緒譯)
黒猫物語 by アラン・ポオ(横山有策譯)
女探偵 by オップンハイム(田中早苗譯)
マルコム・セージ by エッチ・ゼンキンス(天岡虎雄譯)
青い古代金貨 by オースチン・フリーマン(吉田甲子太郎譯)
衂(ちぬ)られた爆彈 by エム・ウェルシーニン(梅田寛譯)
支那の靴泥棒
ガス爆彈使用の賊(ぞく)
伯爵と警視總監
ドイルの秘密通信
寶石盗賊の話
特別附録
 科學的研究と探偵小説 by 醫學博士・小酒井不木
 犯罪の科學的研究 by 警視廳鑑識課技術官・乙葉辰三
 近頃讀んだ探偵小説 by 馬場胡蝶
 著名なる探偵作家と其作品 by 井上十吉
講談雑誌二月號(広告)
少年世界二月號(広告)
寸鐡二月號(広告)
文藝倶楽部二月號(広告)
ポケツト二月號(広告)
編輯を終へて