「新青年」は、博文館から1920年1月に創刊された。
1950年7月号が最終号。
増刊号を含めて400冊を発行。
博文館は1948年に財閥解体の圧力などで解散、新青年は博文館→江古田書房→文友館→博友社に変わった。



新青年1920年4月号第1巻第4号
(表紙・「春の樹蔭」 by 細木原青起)

(一覧へ)
【収録作品】

三色版「浮燈臺」 by 泰西名畫
漫畫「危險思想といふ蟲」 by 堤幹藏
時事畫報
 議會解散の日其他
 太陽の輝く國へ
新詩
 田園の恐怖 by 白鳥省吾
 生きた都會 by 川路柳紅
常陸丸撃沈の刹那 by 獨逸假裝巡洋艦ウオルフ號艦長・ネルゲル
 無題 by 談・常陸丸乘組一等運轉士・木村庄平
英佛拳闘家の大試合
市來(いちき)先生 by 吉田絃二郎
合作漫畫「勝つまでの苦心」
 その一 by 服部亮英
 その二 by 近藤浩一路
 その三 by 清水勘一
 その四 by 山田みのる
 その五 by 小川治平
 その六 by 池部鈞
 その七 by 在田稠
 その八 by 岡本一平
畸人(きじん)發明家若林茂君−二年間に五十餘種の發明をした天才− by 相原紫浪
寫眞小説「ブレーク探偵譚『寶冠の行衞(ゆくえ)』」 by 作者無署名
現代論語「八つ當り」 by 山本淳
世界第一の大望遠鏡
長篇科學小説「世界の終り」(W) by 桐野馨花
懸賞漫畫考物(かんがえもの)「3は何(なに)」 by 細木原青起(出題並に選)
海外の模範的青年十二人(其四)「北米同胞の若き慈父・谷常男君」 by 日本力行會長・永田稠
時事漫畫 by 堤幹藏
科學物語「一萬年前(いちまんねんぜん)の日本」 by 理學士・吉川春風
早慶野球部物語「早慶野球部選手の内緒話」 by 若木翠葉・吉田興山
漫畫「徴兵忌避者の失敗」 by 島田啓三(作画)
長篇探偵小説「白骨(はっこつ)の謎」 by 保篠龍緒(ほしのたつお)
高校健兒の腕は鳴る−今春の高校四校の大競漕− by 東京ローイング倶樂部幹事・宮木昌常
 各高等學校の選手 by 東京帝大醫學部・木下良順
 勝利は一高に by 東京帝大法學部・土肥せん(

 二三一六の順 by 東京帝大工學部・永井了吉
 誤られた一高 by 東京帝大醫學部・郷隆
日本村を訪ひて(といて)「山田長政を偲ぶ」 by 在シヤム・暹羅(シャム)國宮内省技師・三木榮川
風船玉の歌 by 在シヤム・阪部一郎
漫畫「昔の人が飛び出したら by 松野一夫(畫)
内外時評「獨帝引渡(どくていひきわたし)問題『民衆の覺醒』『議員の醜態』『首相の健闘』」 by 南木摩天樓
ゴシツプ「議會の解散」 by 記者
歴史小説「三浦按針」 by 池田大伍
壯快なる今春掉尾のカルタ戰 by 本多朧月
懸賞漫畫「3は何」當選者發表
誌友倶樂部
懸賞探偵小説選評 by 一記者
特別大懸賞募集「日米戰爭未來記」
長篇小説「第二次世界大戰『日米戰爭未來記』」 by 樋口麗陽
懸賞考物『紙上犯人捜索』
特別附録「探偵小説」
 探偵實話「永久の謎」 by 品川波二
 探偵小説「死人の目」 by 伴梨軒
 探偵小説「猛虎の審判」 by 廣田花崖
 探偵小説「林檎の皮」 by 八重野潮路
 怪奇探偵「左の手袋」 by 小林莊三
 歐洲探偵秘史「ゴロン探偵と怪漢『G・G』」 by 森下雨村
寸鐡四月號(広告)
野球界四月號(広告)
中學世界四月號(広告)
少年世界四月號(広告)
講談雑誌四月號(広告)
農業世界四月號(広告)
ポケツト四月號(広告)
編輯局から by 編輯小僧