ページの先頭へ
新青年1920年1月創刊号第1巻第1号
(表紙・「元旦の海」 by 細木原青起)
ページの先頭へ
【収録作品】

口繪
 三色版「黎明」 by ホイツトマン・山田隆憲(畫)
 太平洋平和の保障者
 話をするマスコツト
 墨堤のボートレース
 何の平和ぞ
新しき青年に檄(げき)する歌 by 白鳥省吾
世界改造の第一年を迎へて by 参謀本部編輯・長瀬鳳輔
マスコツト物語
喜劇「人眞似(ひとまね)大會」 by 夢川優二
ニユーロープのスタムプ
冒険奇譚「南洋島(なんようとう)の混血兒(こんけつじ)」 by 山崎新雨
黒猩々(くろしょうじょう)のお芝居 by 上野動物圓主任・黒川義太郎
學生小説「煙草の吸殻」 by 白石實三
九州を旅して by 羽生操
寫眞小説「ブレーク探偵譚『沈黙の塔』(上)」  
→ ハリー・ブリス(原作)・森下雨村(訳)
日露戦争の裏面に活躍せる故臺灣(たいわん)總督明石元二郎(あかしもとじろう)大将 by 山本江東
漫畫「軍隊生活正月の餅」 by 服部亮英
懸賞漫畫「3は」 by 細木原青起
珍らしい話
借金二千圓を引受けて海外に奮闘成功せる秦光重(はたみつしげ)君」 by 日本力行りきこう會長・永田稠
長篇探偵小説「白骨の謎」(第一回) by 保篠龍緒 
→ R.オースチン・フリーマン(原作)・保篠龍緒(訳)
懸賞小説「手箆返し(しっぺいがえし)の敵討(かたきうち)」 by 三浦貞雄
時事漫畫「デモクラシー」 by 池部鈞
福禄壽(ふくろくじゅ)(上) by 生方敏郎
來朝(らいちょう)の噂ある米國二大野球團 by 前早大主将・新歸朝者・山脇正治
長篇科學小説「世界の終り=前世界の秘密=」 by 桐野馨花
丹波篠山(たんがささやま)山家(やまが)の猿が=鳳鳴義塾評判記= by 鳴海大三
内外時評「過激派の天下−附普通選挙法問題−」 by 南木摩天楼
長篇歴史小説「三浦安針」(一) by 池田大伍
懸賞募集規定
端艇界(たんていかい)未曾有の快挙−帝大對早大外語對高工端艇競漕− by 宮木昌常
記者より読者へ by 一記者
特別附録「次の戦争」
 永久の平和は未(いま)だし by 法學博士・田中萃一郎
 世界政策と日米の衝突 by 陸軍中将・佐藤鋼次郎
 戦争は來る可き乎(きたるべきか) by エム・エー・エル・エル・ピー・米田實(まいたみのる)
 重い哉(かな)日本将來の位置 by 海軍中将・佐藤鐡太郎
 経済上から見た日米戦争 by 法學博士・堀江歸一
 聯盟は無能力 by 早稲田大學教授・文學士・煙山專太郎
長篇小説「日米戦争未來記」 by 樋口麗陽
優勢なる米國海軍勢力一覧表
新青年(予告)−次号の呼物(よびもの)−
 九州特殊の労働階級「百萬人の炭山坑夫(たんざんこうふ)」 by 中野紫葉
 支那朝鮮に於ける米國宣教師の暗中飛躍 by 水野梅曉
講談雑誌新年増大號(広告)
少年世界(広告)
少年少女譚海創刊新年号壱號(広告)
ポケツト新年號(広告)
文藝倶楽部新春號(広告)



「新青年」は、博文館から1920年1月に創刊された。
1950年7月号が最終号。
増刊号を含めて400冊を発行。
博文館は1948年に財閥解体の圧力などで解散、新青年は博文館→江古田書房→文友館→博友社に変わった。

(注1)「新青年創刊号復刻版」は、講談社から昭和57年に「大正九年復刻日本の雑誌」として出版された。


 
(一覧へ)