(一覧へ)
ページの先頭へ
少年少女譚海1952年11月第四巻第十一号
(表紙 by 岩田浩昌(画))
「少年少女譚海」は、文京出版から1949年4月に創刊。
1954年3月に終刊。
文京出版→譚海出版→光和書房から出版。

参考)博文館から発行された「少年少女譚海」について
    1920年1月に創刊、1944年3月に廃刊された児童文学雑誌。
    1940年1月号(第二十一巻第一号)から「科学と国防 譚海」と誌名が変更された。
    1944年3月(第二十五巻第三号)に廃刊。

【収録作品】

四色科学冒険活劇絵物語「黄金魔人」(No.3) by 永松健夫(作画)
熱血小説「ぼくらの血は紅い(あかい)」 by 田村泰次郎(たむらたいじろう)・伊勢田邦彦(いせだくにひこ・え)
 西ドイツより第四信 by ヴェニスにて・田村泰次郎(九月十三日)
スパイ小説「黄色い蜘蛛(くも)」 by J.ハリス・戸塚孝(とつかたかし・画)
明朗少年講談「眞田十勇士」(第四回) by 杉田憲治(すぎたけんじ)・岩田浩昌(いわたひろまさ・絵)
評判絵物語
 トーキー絵物語「決闘コロラド高原」 by 中村英夫(なかむらひでお・作画)
 科学空想絵小説「大暗黒星(だいあんこくせい)」(No.5) by ジョン・ベーカー(作)・大工原章(だいくはらあきら・え)
怪奇探偵小説「人喰魚ひとくいうお」 by 渡辺啓助(わたなべけいすけ)・南浩(絵)
時代トーキー絵小説「夜みえる男」 by 冬村砂男・岡村謙二(え)
犯人さがし探偵絵小説「怪犯人赤マント」 by 島久平(しまきゅうへい)・岩井誠一(いわいせいいいち・え)
怪奇探偵小説「人間豹」(第三回) by 江戸川乱歩(えどがわらんぽ・原作)・武田武彦(脚色)・成瀬一富(なるせかずとみ・画)
探偵活劇小説「波止場の虎」 by トーマス北・大工原章(だいくはらあきら・え)
探偵西部「まぼろし牧場」 by 香住春吾(かすみしゅんご)・浜口浩(はまぐちひろし・画)
好評絵物語
 時代活劇絵トーキー「流星大江戸天狗(りゅうせいおおえどてんぐ)」 by 岡友彦(おかともひこ・作画)
 西部活劇絵小説「怪賊黒騎手」 by 青島央・戸塚孝(画)
明朗探偵「歩く死骸(しがい)」 by 朝島雨之助(あさじまあめのすけ)・野呂新平(え)
探偵冒険小説「かぶと虫怪事件」 by 武田武彦(たけだたけひこ)・岩井誠一(いわいせいいち・え)
怪奇探偵「幽靈の住むホテル」 by 鬼怒川浩(きぬがわひろし)・岡崎武彦(おかざきたけひこ・絵)
時代探偵小説「しらぬ火秘帖」(第三回) by 横溝正史(よこみぞせいし)・佐藤広喜(さとうひろき・絵)
犯人当て懸賞「大暗室」 by 出題者・江戸川乱歩(えどがわらんぽ)
まんが
 タン平キュー助(第30回) by 野呂新平(作・画)
 忍術漫画「猿飛佐助」(第七話) by 片岡敏夫(かたおかとしお・作・画)
 漫画物語「悟空西部へ行く」 by 夢野凡天(ゆめのぼんてん)
 どんぐりとん平捕物帖(No.5) by 大友朗(おおともあきら・画)
 いたずらヨッちゃん(9) by 横木健二(画)
 甘辛せんちゃん by 益子かつみ(画)
 ミスターだいふく(No.1) by 竹山のぼる(画)
 アマナット王子の冒険 by わか・としろー(画)
お好み映画館
 グラビヤ「日本訪問アルバム『マーガレット・オブライエン』」
 映画小説「凸凹(でこぼこ)透明人間」 by ユニバーサル映画(提供)・朝島雨之助(文)・横木健二(え)
 西部の鉄道 by 南部僑一郎(なんぶきょういちろう)
 ゲイリー・クーパーさん
 映画小説「はるけき太鼓」 by ワーナー(提供)・丸木島影(まるきとうえい・文)
 読者招待席「黄色いリボン」
譚海クラブ
 譚海中継室
 譚海とんち大学
 こっけい和歌・俳句・笑話
 うそくらぶ・自由詩・作文
 探偵作家腕くらべ懸賞規定
 八月号大懸賞当籤者発表
西部映画ものしり帖「西部の馬」
譚海十二月号(予告)
 しらぬ火秘帖 by 横溝正史

探偵王11月号(広告)
探偵小説コンクール大懸賞募集
第二懸賞第四回「赤マントの犯人はだれ



ページの先頭へ