(一覧へ)
「少年少女譚海」は、文京出版から1949年4月に創刊。
1954年3月に終刊。
文京出版→譚海出版→光和書房から出版。

参考)博文館から発行された「少年少女譚海」について
    1920年1月に創刊、1944年3月に廃刊された児童文学雑誌。
    1940年1月号(第二十一巻第一号)から「科学と国防 譚海」と誌名が変更された。
    1944年3月(第二十五巻第三号)に廃刊。

少年少女譚海1952年8月第四巻第八号
(表紙 by 石井治(画))
【収録作品】

時代冒険絵小説「快盗天馬隊」 by 眞鍋元之(まなべもとゆき)・佐藤広喜(さとうひろき・え)
明朗少年講談「真田十勇士」(第一回) by 杉田憲治(すぎたけんじ)・岩田浩昌(絵)
スパイ小説「黄色い蜘蛛(くも)」 by J.ハリス・戸塚孝(とつかたかし・え)
熱血小説「ぼくらの血は紅い(あかい)」 by 田村泰次郎(たむらたいじろう)・伊勢田邦彦(いせだくにひこ・え)
連載絵物語
 犯人当探偵小説「怪犯人赤マント」 by 島久平(しまきゅうへい)・岩井誠一(いわいせいいいち・え)
 西部活劇痛快絵巻「青い炎」 by 中村英夫(なかむらひでお・作画)
冒険感激「熊の湖」(最終回) by 佐白利久(さしろとしひさ)・古賀亜十夫(こがあそお・絵)
探偵小説「皇帝の燭台(しょくだい)」(最終回) by 横溝正史(よこみぞまさし)・成瀬一富(なるせかずとみ・画)
絢爛四色オフセット「大暗黒星(だいあんこくせい)」 by ジョン・ベーカー・大工原章(だいくはらあきら・画)
西部感激小説「燃ゆるサンタフェ城」 by 柴田錬三郎(しばたれんざぶろう)・戸塚孝(とつかたかし・え)
少年感激小説「高原の歌」 by 小野忠孝(おのただよし)・渡辺鳩太郎(画)
明朗小説「腕白フレンド」 by 紅ユリ子(べにゆりこ)・たしろともえ(え)
傑作絵物語
 時代活劇絵物語「流星大江戸天狗(りゅうせいおおえどてんぐ)」 by 岡友彦(おかともひこ・作画)
 科学冒険絵物語「爆弾Z(ゼット)」(完結篇) by 永松健夫(作画)
西部小説「エンゼル峠の決戦」 by 丸木島影(まるきとうえい)・槇有為男(まきういお・え)
探偵小説「幽靈紳士」 by 香住春吾・槇有為男(絵)
世界名作絵巻「大帝(たいてい)の密使」 by ジュール・ベルヌ(原作)・萩原孝治(はぎわらこうじ・画)
おたのしみ夏休みまんがの頁
 デデモクラ王子 by 眞田昭男(さなだあきお・画)
 ピス吉トル坊 by 竹山のぼる(画)
 三吉大手柄(おおてがら) by しのざき凡(画)
犯人当て懸賞「赤い部屋の秘密」 by 出題者・江戸川乱歩(えどがわらんぽ)
譚海クラブ
 譚海中継室
 譚海ニュース
 譚海クラブ「短歌」「こっけい和歌」「俳句」「笑話」「おしらせ
 譚海とんち大学開校
 五月号大懸賞当籤者発表
ヨッちゃんの出来上るまで by 横木健二
西部ものしろ帖「インデアンンのお化粧」 by 栗原茂(くりはらしげる・え)
たんかいパズル
ゆかいなまんが号
 忍術漫画「猿飛佐助」(第四回) by 片岡敏夫(作・画)
 アキレタ父さん(2) by 久保よしひこ(画)
 タン平キュー助(第27回) by 野呂新平(作・画)
 どんぐりとん平捕物帖(No.2) by 大友朗(おおともあきら・画)
 凸凹三獣士(でこぼこさんじゅうし) by 瀬越憲(せごしけん・画)
 いたずらヨッちゃん(6) by 横木健二(画)
 漫画物語「悟空西部へ行く」 by 夢野凡天(ゆめのぼんてん)
 時代まんが「大力(だいりき)まがら之助」 by うしおみつる(画)
お好み映画館
 映画小説「振袖狂女(ふりそできょうじょ)」
     by 川口松太郎(かわぐちまつたろう・原作)・黒部渓三(くろべけいぞう・文)・小林秀美(こばやしひでみ・繪)
  映画「振袖狂女の解説」
 エノケンのわんぱく時代「泣き虫ホームラン」 by 榎本健一(エノケン)・前谷惟光(まえたにこれみつ・え)
 日本映画スタア・アルバム
   「長谷川一夫」「山口淑子」「根上淳」「大谷友衛門」「淡島千景」「鶴田浩二」「高峰三枝子」「香川京子」「津島惠子」
   「伏見和子」「市川右太衛門」「山根寿子」「藤田進」「片岡知恵蔵」「杉葉子」「小林桂樹」「田中絹代」「三国連太郎」
   「京マチ子」「三益愛子」「大河内伝次郎」「木暮実千代」「嵐寛寿郎」「池部良」「黒川彌太郎」「阪東妻三郎」
   「山田五十鈴」「堀雄二」「原節子」「高峰秀子」「三船敏郎」「乙羽信子」
 今月のスタア「三船敏郎出演映画アルバム」
 希望訪問「津島惠子(つしまけい)こさん」
 スタジオ案内「松竹大船撮影所の巻」
 読者招待席「イエロウ・リボン」
グラビア「西部映画物語『榮光の星の下に」 by M.G.M映画
譚海九月号予告
 新連載時代小説「しらぬ火秘帖」 by 横溝正史
  作者から愛読者の皆さんへ by 横溝正史

探偵王八月号広告


ページの先頭へ
ページの先頭へ