(一覧へ)
【収録作品】

豪華口絵「ハリケーン・ハッチ」 by 小松崎茂(画)
グラフ「ぼくのアルバムより」(川崎徳二選手)
二大絵物語
 怪奇冒険「魔人の塔」 by 浦笛之介(うらふえのすけ・作)・古賀亞十夫(こがあそお・画)
 西部活劇「ハリケーン・ハッチ」(No.17) by 小松崎茂(作画)
西部絵小説「荒野の密使」 by 北沢道夫(きたざわみちお)・中村英夫(なかむらひでお・画)
長編冒険映画物語「バグダッドの盗賊」 by 東和映画株式会社提供・ロンドンフィルム作品
現代小説「天馬空(てんまくう)をゆく」 by 牧野吉晴(まきのよしはる)・谷俊彦(たにとしひこ・え)
探偵小説「皇帝の燭台(こうていのしょくだい)」(第5回) by 横溝正史・成瀬一富(絵)
熱血小説「太陽を射る少年」(完結篇) by 大林清(おおばやしきよし)・加藤敏郎(かとうとしろう・絵)
探偵活劇「恐怖のX(えっくす)」 by ジエムス.ハリス・山中冬児(やまなかふゆじ・え)
科学冒険絵小説「大宇宙人」 by 河合三郎(かわいさぶろう)・伊勢良夫(え)
冒険小説「熊の湖」 by 佐白利久(さしろとしひさ)・古賀亞十夫(こがあとお・画)
探偵学校「機転の密使」
まんが
 タン平・キュー助(第15回) by 野呂新平(画)
 ホームラン助漫遊帖(第4回) by 大友朗(おおともろう・画)
 ほがらか一家のど自慢 by しのざき凡(画)
 ターザンボーイ(2) by 伊藤隆夫(画)
心のあたたまる話「さいごの一石」 by 沢隆児・山中冬児(え)
活動写真機の作り方 by さいとうしげる
時代小説「おらんだ姫」 by 真鍋元之(まなべもとゆき・作)・伊藤幾久造(いとうきくぞう・え)
明朗小説「ロボット大いに笑う」 by 朝島雨之助(あさじまあめのすけ)・夢野凡天(ゆめのぼんてん・え)
海洋冒険「幽霊無電」 by 鹿島孝二(かしまこうじ)・川瀬成一郎(かわせせいいちろう・え)
明朗野球絵物語「三振さぶろう物語」 by 五十公野清一(いずみのせいいち)・大友朗(おおともろう・絵)
科学探偵「毒蛇(どくへび)をつかう魔女」 by 深山百合太郎(みやまゆりたろう)・高木清(たかぎきよし・え)
譚海クラブ
 作文・和歌・俳句・自由詩・ペン画・こっけい和歌・似顔絵・カット
 七月号大懸賞発表
 十月号大懸賞募集
折込
 十一月号大ふろく「組立野球グローブセット」
 十一月号予告
  
探偵小説「皇帝の燭台」 by 横溝正史
講和祝賀二大ふろく
 @動くTS型組立式活動写真機フイルム三巻付  → 欠け
 A金田正一選手サイン入りプロマイド
世界の珍話「催眠術」
偕成社広告
 
夜光怪人(120円) by 横溝正史
探偵王十月号広告

「少年少女譚海」は、文京出版から1949年4月に創刊。
1954年3月に終刊。
文京出版→譚海出版→光和書房から出版。

参考)博文館から発行された「少年少女譚海」について
    1920年1月に創刊、1944年3月に廃刊された児童文学雑誌。
    1940年1月号(第二十一巻第一号)から「科学と国防 譚海」と誌名が変更された。
    1944年3月(第二十五巻第三号)に廃刊。

少年少女譚海1951年10月大発展号第三巻第十号
(表紙 by 小松崎茂(画))
ページの先頭へ