(一覧へ)
【収録作品】

時の言葉 by 戸塚文子(とづかあやこ・旅行家)
東風西風「自民党の都議選対策」「株価操作のからくり」「まだまだ高まる競馬熱」
      「ゴルフ会員権の値上り」
人物交差「水上勉」「松崎芳伸」「和島岩吉」「目黒今朝次郎」
j対談「人間の幸福と科学に関する対話」
                    by 清水幾太郎(しみずいくたろう・京都大学経済研究所講師)・
                      青木昌彦(あおきまさひこ・京都大学経済研究所助教授)
公害の未来と水俣病 by 戒能通孝(かいのうみちたか・東京都公害研究所長)
すべてが試された by 小田実(おだまこと・作家)
巨大開発を操る投機集団 by 飯田清悦郎(いいだせいえつろう・経済ジャーナリスト)
特集「変革の渦中を生き抜く志士十人」
 飛鳥田一雄−革新政治の実践的指導者− by 木村禧八郎(きむらきはちろう・経済評論家)
 石牟礼道子−水俣病をわが病いとする詩人− by 松井やより(朝日新聞社会部)
 小田実
−世直しの大道哲学者− by 青地晨(あおちしん・評論家)
 小川紳介−映画を変えるムシロ旗の旗手− by 佐藤忠男(さとうただお・評論家)
 中山素平−昏迷する財界を裁く老中− by 山本進(やまもとすすむ・毎日新聞論説室顧問)
 中内○(工編+刀)−流通革命を進める大阪商人−
                         by 吉田安伸(よしだやすのぶ・日経流通新聞編集長)
 花守安治−暮し民主主義の守本尊− by 三枝佐枝子(さいぐささえこ・評論家)
 不破哲三−テレビを駆使する共産党の貴公子− by 麻生良生(あそうよしかた・評論家)
 本多勝一−取材される側に立つ報道者− by 日野啓三(ひのけいぞう・文芸評論家)
 むのたけじ−「人を噛む犬」を探す言論人− by 大森実(おおもりみのる・評論家)
 選考座談会「志士十人を選ぶ」
    by 青地晨(あおちしん・評論家)・大森実(おおもりみのる・評論家)・
      佐藤忠男(さとうただお・評論家)・ 山本進(やまもとすすむ・毎日新聞論説室顧問)
書評
 楽天的な若者肯定論『ナルシスの世代』 by 金関寿夫(かなせきひさお・都立大学教授アメリカ文学)
 開発戦争の歴史と現実『石油資源戦争』 by 深海博明(ふかみひろあき・慶應大学助教授国際経済)
PHOTO
 崩壊する地図 by 丹野清志(撮影と文)
 日本人のアルバム(11)「杉村春子」 by 本社・鈴木勝太郎(撮影)
  無題 by 杉村春子
 民家「東一口(ひがしいもあらい)の山田家@京都府」 by 伊藤ていじ・山田修二(撮影)
 足尾閉山 by 奥原達男(撮影と文)
 美術館秘蔵の一点(第五回)「重要文化財『金襴手透彫仙盞瓶』」@五島美術館 by 本社・菊池武範(撮影)
 私の書斎(81)「孤独な場所」 by 堀秀彦(ほりひでひこ・東洋大学学長)
漫画 by 砂川しげひさ(画)
中央公論整理月表一九七三年三月 by 尾鍋輝彦(監修)
筆者と編集部への手紙
特集似顔絵 那須良輔
本文カット by 浜田知明・宇佐美爽子・公文淳子
対談「東大総長は勝海舟たれ」
   by 林健太郎(はやしけんたろう・東京大学総長)・
     永井道雄(ながいみちお・イースト・ウエストセンター・コミュニケーション研究所所長・朝日新聞論説委員)
三十年目の中国旅行の憂鬱 by 瀬戸内晴美(せとうちはるみ・作家)
われ新聞界に挑戦す by 徳間康快(とくまやすよし・東京タイムズ社長・徳間書店社長)
渡辺崋山の「商人八訓」 by 日比憲一(ひびけんいち・アルナ工機社長)
不気味な飢餓の前兆 by 立川昭二(たつかわしょうじ・北里大学教授科学史)
青春の周恩来(評伝第一部) by 司馬長風(スーマーチヤンフオン)・竹内実(訳・解説)
多国籍企業を迎え撃つ中国 by 小林多加士(こばやしたかし・埼玉大学講師現代中国研究)
朝鮮自主独立への苦闘 by 藤島宇内(ふじしまうだい・評論家)
王様と僧侶と民族の血 by 安藤浩(あんどうひろし・海外経済協力基金参事)
韓国とフィリピンに関する特別報告 by 米上院外交委員会・抄訳・共同通信社外信部(菱木一美・高木伸一)
随筆
 芸術選奨にあたって by 高橋新吉(たかはししんきち・詩人)
 試験呆け by 西村孝次(にしむらこうじ・明治大学教授英文学)
 サウジアラビアひとり旅 by 小林庄一(こばやししょういち・ジャパンビジネスカウンセル取締役)
 動物園の裏方 by 石内展行(いしうちのりゆき・東京都恩賜上野動物園園長)
 <マトゥラカージュ> by 海老坂武(えびさかたけし・一橋大学助教授仏文学)
獅子(最終回) by 池波正太郎(いけなみしょうたろう)
『空海』の風景(第五回) by 司馬遼太郎(しばりょうたろう)
真砂屋(まさごや)お峰(第五回) by 有吉佐和子(ありよしさわこ)
蓮如(第二十五回) by 丹羽文雄(にわふみお)
ニチャベッタ姫物語 by 西丸震哉(にしまるしんや)
只今雑談中「虫歯を病む和宮」 by 綱淵謙錠
細長い話
 養老院 by 土岐雄三(ときゆうぞう・作家)
 処理をすべきもの by 多田美波(ただみなみ・造形作家)
 水戸の恐怖 by 東君平(ひがしくんぺい・画家)
ですくさいど
編集後記


ページの先頭へ
ページの先頭へ
「中央公論」は、中央公論社から1887年に創刊された月刊総合雑誌。
現在は、中央公論新社から発行(1999年から)。

「ニチャベッタ姫物語」初出(枚数を80枚に詰めて掲載)。

02 中央公論1973年5月特大号第八十八巻第五号
(表紙・ by 工藤甲人(くどうこうじん))