安野光雅へ
ホーム
初めこの手帳は空白である。
誰によってどのような言葉が誌されるのだろう。
私はふと中島敦の小品の一節を思い出した。
アッシリヤの栄えた昔の話である。
若い歴史家が老師に問う。
「歴史とは、昔、在った事柄をいふのであらうか
それとも、粘土板の文字をいふのであらうか?」
師は昔在った事柄で、且つ粘土板に誌されたもの、この二つは同じことではないか、と答える。
書き洩らしは と重ねて聞く。
師は「書かれなかった事は無かった事ぢゃ。
芽の出ぬ種子は、結局初めから無かったのぢゃわい。
歴史とはな、この粘土板のことぢゃ」
(「文庫手帳1988」カバーより引用)
ちくま文庫
文庫手帳(全34冊)
 1988 1989
 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 
 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 
 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019

 2020 2021 2022 2023 2024 2025 2026 2027 2028 2029